イソフラボンでスキンケアを対応

肌で悩む女性は多いはず。
「きれいでいたい」は、女性にとって老いも若きも、古きも新しきも不変の思いです。
スキンケアの手法や商品は、 刻々と変わり、多くのの方があれでもないこれでないと悪戦苦闘の日々を送っているはずです。
今回、お話しするのはそんな悩める多くの乙女への朗報です。
なんと、日本人なら多くの方が摂取している食品で、スキンケアの対応になるというもの。
そう、大豆食品。
こういった話題に明るい人なら、お聞きになったことがあるであろうイソフラボンです。

大豆には、ゲニスチン・ダイジン・グリシチンといったイソフラボン配糖体(グリコシド)と、それらのアグリコン(配糖体の非糖質部分)である、ゲニステイン・ダイゼイン・グリシテインなどのイソフラボンを含んでいます。
これらこそが、大豆イソフラボンといわれるものです。

これらの成分は、大豆食品にかぎらずサプリメントや化粧品など、さまざまなものに含まれています。
これらイソフラボンを口や肌などから摂取すると、イソフラボンは体内のエストロゲン受容体に結合することで、効果http://www.kingfahd.ws/horumonnbarannsu.htmlを示します。
結果、弱いエストロゲン作用と弱い抗エストロゲン作用という、相反する作用をもたらします。
そして、これこそが女性ホルモンが少ない場合、その代わりに女性ホルモンとして働き、過剰の場合はその働きを抑制するということにつながるのです。

エストロゲンは、コラーゲンの生産を促進させ体を女性らしくする作用があります。
脳下垂体からのホルモンに刺激され、卵巣から分泌されるもの。
卵胞を育成、子宮内膜を厚くさせ、女性のとしての機能、妊娠の準備に備えます。

これが減少するとヒアルロン酸やコラーゲンといった成分の生成が十分行われず、肌の張りや弾力も損なわれてしまうのです。
結果、皮膚細胞が被害を受けやすくなり、肌あれなどが起こりやすくなります。
これを防ぐために、エストロゲンの減少を抑える必要があり、それに対し、イソフラボンは有効なのです。