化粧品にも配合してあるイソフラボン

女性であれば、よりよい化粧品探しに余念はないもの。
お店、インターネット、口コミで、いろいろと探しては試しておられることでしょう。
こういったことを日々しておられる方なら、もうご存じでしょう。
最近の化粧品にはイソフラボンを含んだものも存在します。
特に目にするのが、イソフラボンを配合した化粧水です。
なぜまた、イソフラボンなのでしょうか。
そして、なぜ化粧水なのでしょうか。

イソフラボンとは、もともとは大豆に含まれる自然由来の成分。
体内に摂取すると、女性ホルモンのエストロゲンを助ける役割を果たします。
少ない場合はエストロゲンの代わりに、多い場合はそれを抑制します。
これが意味するところは、イソフラボンを摂取するとエストロゲンがもたらす効果を得られるということです。
エストロゲンは女性ホルモンですから、肌のうるおいやツヤにも影響します。
イソフラボンは活性酸素の増加も抑えてくれますから、活性酸素が増加した場合に起こる、細胞のダメージの軽減も期待できるのです。
これを食品やサプリメントからではなく、肌につける化粧水から摂取するのが、これら化粧水のポイントです。

化粧品にうるさい方ならイソフラボンそのものの効果よりも、どの化粧品がよいのかを知りたいところでしょう。
ただ、これら化粧品というのは、人により効果はまちまちなのが常。
一概にこれがいいとは言いきれるものではありません。
皮膚科の専門医と化粧品メーカーの言い分も違う場合もあります。
特に、化粧水のそもそもの目的は保湿です。
化粧水に含まれているイソフラボンは大抵、サプリメント同様
アグリコン型http://www.aximg.com/donnnamonogaaru.htmlと言って、糖質部分がとれた状態です。
これは、食品のそれよりも、人体に吸収しやすい状態であるということ。
自然由来の成分ですから肌には優しいですが、必ずしも効果があるとは言いきれないのも実情。
食品やサプリメント同様、慎重に、かつ、継続的な使用をおすすめします。